助成金の応募

3vk1

募集要項はこちら

続きを読む

財団について

3vk2

役員一覧はこちら

続きを読む

情報公開

pc

事業報告、会計報告はこちら

続きを読む

財団概要

公益財団法人精密測定技術振興財団  理事長 矢野 信太郎

 公益財団法人精密測定技術振興財団は、昭和60年4月1日、鈴木俊一東京都知事より、59総行指第848号民法第34条の規定に従い、設立認可を得て発足し、平成24年4月1日からは公益財団法人として新たにスタートいたしました。

 当財団は、精密測定技術の振興に関する調査・研究、講演会・研究会等への助成及び国際的な技術交流活動等への助成を行うことにより、東京都における精密測定技術の振興を図り、もって科学技術及び産業の向上発展に寄与することを目的としています。

 すでにわが国は、技術立国として世界的にも高く評価され、また今後の政策の重点でもある産業構造の第3次産業への傾斜が見られる中で、技術革新に伴う電子・精密機械などの高付加価値の加工・組立型産業に対する期待は極めて高いものがあります。その技術の変革の中で、高精度化への強い要求に対応して、高精度部品の製作、組立作業などに欠かせないのが精密測定技術であります。

 「測定できないものは作れない」と昔から言われており、精密測定機器に係わる技術は重要です。さらにすべての装置類が、省力化、自動化、無人化が進んで行く中で、その高信頼性への要求を満たす品質を保証するためには、各部品、ユニットの寸法、形状機能などのさらなる高精度化が必要です。

 このため、精密測定技術の分野で、その基礎となる各種技術を発展させるための研究を助成することで、精密測定機器及び関連する精密工学分野の発展に寄与するものと確信します。

 当財団は、優れた発想による研究開発を助成し、また科学の進歩と国際貢献に資する事業を行うことを目的として設立しました。

新着情報

  • 2022年(令和4年)6月24日(金)(公財)精密測定技術振興財団 品質工学賞の贈賞式が執り行われました。
  • 2022年度(令和4年度)国際交流等後期実施分の公募は締切ました。たくさんのご応募ありがとうございました。採否の通知は9月になります。
  • 2022年(令和4年)3月16日(水)精密工学会髙城賞の贈賞式が執り行われました。

ENGLISH

The Precise Measurement Technology Promotion Foundation
Director Shintaro Yano
The Precise Measurement Technology Promotion Foundation was approved its inauguration by the Tokyo Governor, Shunichi Suzuki on April 1st, 1985 based on the Civil Law 34 (the certified number 59-848) .

The objective of the Foundation is contributing to the development of the precise measurement technique in Tokyo by researching and auxiliary training precise measurement.

Japan has been highly appraised as a technology nation worldwide. While the industrial structure has shifted toward the third sector, expectations for a high value processing and assembly industry such as electronic and precision machines entailing from technological innovation are quite high. In the middle of technological innovation, responding to a strong demand for high precision, precise measurement technique is indispensable for the production and the assembly of high precise components.

As it has been said that “no production without measurement,” a technique for precise measurement machinery is significant. When many types of equipment are now produced by a labor-saving, automatic, and unmanned way, we need precise measurement for all components, unit scales, and form functions in order to guarantee qualities that can meet a demand for high trust.

We firmly believe that this Foundation contributes to the development of precise measurement machinery and engineering by subsidizing basic researches in the field of precise measurement technique.

The aims of this Foundation are thus to subsidize excellent researches, to contribute to the development of science, and to fund projects that promote international cooperation.
OUR BUSINESS
[1]Subsidization and cooperation for researches and trainings for precise measurement technique development.
[2]Holding lectures or conferences for precise measurement technique.
[3]Business for researches on precise measurement engineering and for promoting international cooperation.
[4]Business to train and award people engaging with precise measurement technique.
[5]Business necessary for implementing all the business mentioned above.

MENU
PAGE TOP